代表者 紹介

ボーテ フランチャイズを率いているのはどのような人物なのか、
経歴の説明が必要と考え、プロフィールを記載致します
 
私は同年生まれが209万人という団塊ジュニア世代で、常に競争の連続でした
受験戦争、バブル崩壊、就職氷河期、創業者死去と資本提携、開業と廃業、
リーマンショック不況、新事業開発、フランチャイズ開設などを経験しました
 
【1973年】愛知県生まれ
【1996年】法政大学 経済学部 (経済地理学ゼミ、国際経済商学学生協会所属) 卒業 
同年、財務会計システムのインテグレーター企業に入社、都内に配属
 
【1997年】創業者である父の病没により、ソリッドに入社
以後、約4年間コインランドリー部門にて店舗施工・営業開発・販促、HP等を担当

【2000年】仕入先である東京の商社と交渉し、増資による資本提携をまとめる
自身は畑違いの業種経験が必要と考え、ソリッドをスピンアウトする

【2001年】廃業が確定していた赤字事業の映像部門を引き継ぎ、新会社を設立
その後3年間は、映像会社に寝泊まりし実質無給で無休の生活を送る
代表としてカメラを担ぎ、営業から編集まで全てを担当する

【2005年】映像部門がようやく大幅な黒字となり、愛知万博など年間1000現場を受注
登録カメラマン20名、取引先200社以上となる

【2006年】友人と動画広告のポータルサイト運営会社を共同で設立し代表に就任
ソリッドにも請われる形で役員として復帰

【2008年】本丸であるソリッドでスタッフの退職・独立が相次ぎ
さらにリーマンショックも重なり売上がさらに激減、創業以来の危機に陥る
そこで仕入先との資本提携を完全に解消し、株を全て買い戻し代表取締役に復帰
映像事業も全て譲渡・廃業して撤退し、ランドリー部門への資本集中を決断
飛車角を落とすような大胆な退き口となったが、この決断が大きな転機に

【2009年】コインランドリー部門の営業現場にフルタイムで復帰
拠点を名古屋に開設し、30年以上主力で販売していた海外メーカーから
国産メーカーである 三洋アクア社(現アクア社)へ全面的に移行する

当時 世界初だった「灯具一体型LED」を開発した大阪のベンチャーへ行脚し
国内の総卸販売権を獲得、国内12社の有力販売店とLEDの販売契約を締結

知識習得のため、クリーニング師の国家試験を受け合格
「アイロン実技DVD」を試験前に無償で作成し配布したところ
教材として使用され愛知県クリーニング組合より感謝状を頂戴する

【2010年】 業界の歴史を見直し、オーナー支援型FC「ボーテ」事業スタート
初年度8店舗をオープンするも、オーナー支援型であり機器販売益も薄いため
数年はLED事業で切り盛りし、年間走行距離7万km超えの車内生活となる

【2011年】軌道に乗りかけた矢先、東日本大震災が発生 この影響により 
数か月間、商談自体が無くなり停滞、被災地福島を訪れ 惨状を目の当たりにする
 
【2013年】ようやく30号店オープン
【2014年】またも試練、順調だったLED販売がメーカー廃業により5年で終了となる

【2017年】60号店オープン、ブランドのメディア露出が増加
【2020年】100号店オープン、直営20号店オープン

このようにいつも困難の連続でしたが、
そのたびに仕事や趣味のゴルフなどを通じて奇跡的な出会いが続き、
素晴らしいオーナーや取引先、スタッフ達に助けられて乗り越えて参りました

現在の目標は、あくまで次にオープンするであろう新店舗です
1店舗、1店舗を自分のお店だと思って丁寧に、
万が一自分が倒れても何も困らないFC体制づくりを心がけております

そして最も重要なのは、
自社コールセンターを通して現場から頂戴するユーザー様の声と考えております

いつもご利用してくださるお客様、そして素晴らしいFCオーナー様との出会いこそが、
ボーテFC事業に取り組む心の支えとなっております

いつも本当にありがとうございます。

代表取締役 山田 友貴